札幌や小樽に新しいホテルが続々誕生 開業相次ぐワケは?

この記事をシェア

  • LINE
北海道2020.07.30 16:29

新型コロナウイルスの影響で観光客が減少する中、札幌中心部や小樽に続々とホテルがオープンしています。コロナ禍の今、なぜ開業が相次いでいるのでしょうか。

宮永キャスターリポート
「再開発が進む札幌駅前通り狸小路の近くに新しいホテルがオープンします。コロナ禍で観光客が減る中、どんな魅力を打ち出すのでしょうか」
今週末にグランドオープンする「ザ ノット札幌」です。菓子メーカー「千秋庵」ビルの建て替えにあわせて開業し、1階にセイコーマート、2階にはレストランが営業しています。ホテルのコンセプトは大自然と都会の融合です。
宮永真幸キャスターリポート
「最上階12階にある一番、広いお部屋、角の部屋なんですけれども、大きな窓、すごい開放感ですよ。遠くの藻岩山もしっかりと見えますし、そして何と言っても下を見おろしますと駅前通りがもう一望できますね」
ほとんどの客室からは1年後に開催される東京オリンピックのマラソンコースでもある札幌駅前通を見おろせます。
宮永真幸キャスターリポート
「豪華な鮮やかな色合いのこちらの朝食なんですけれども、朝食ですよ、朝食。ご飯は炊き込みご飯。いい具合にご飯に味が染み入ってますね。そして何と言ってもこちらのお重。道産の食材をふんだんに使っております。これは鮭のキムチだそうですが、キムチなので辛いかと思いましたが、ものすごい優しいお味」
当初は、東京オリンピックを見据え4月に開業する予定でしたが、新型コロナの影響でこの時期に延期となったのです。
いちご株式会社 石原実副社長
「北海道らしさや文化の発信などをまず地元の方に評価をいただいて、どんどん磨きあげていって、海外や国内の遠くの方をお迎えしたい」
こちらは、小樽市の住宅街に、7月30日にオープンしたホテルです。よく見ると、コンテナでできています。フロントは無人で、あるのはタブレット端末のみ。チェックインやチェックアウトはすべてこの端末で済ませます。部屋は、シングルとツインルーム、あわせて32室。出張などの長期滞在もできるよう、洗濯機や物干し竿が設置されています。しかし、このホテルにはレストランなど、食事をする場所がありません。
生野記者リポート
「宿泊した人は、こちらのマップについているクーポンでお得に食事ができるようになっています」
フロントには、ホテル周辺のレストランなどを案内する地図が置いてあります。カニをふんだんに使ったパスタなどを提供するこちらの店では。
生野記者リポート
「こちらのお店では、このクーポンを使うと、ドリンクを1杯サービスしてもらうことができます」
料理を頼んでクーポンをわたすと、400円以下のドリンクが1杯無料になります。
株式会社フタガワ 藤井涼輔さん
「新型コロナウイルスの影響で、観光客も減少している中で、まずは道内のお客様に小樽にきていただくことを目標として、地域の方々と一丸となって、協力し合って(小樽を)盛り上げていけたら」
新型コロナウイルスの影響が続く中、新しい形のホテルが次々と誕生しています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース