東京五輪 マラソンと競歩のコース 8月6~9日に実地検証

この記事をシェア

  • LINE
北海道2020.07.29 17:41

新型コロナウイルスの影響で1年延期されて札幌で開催される予定の東京オリンピックのマラソンと競歩について、大会組織委員会は29日、大会1年前とな8月上旬に、コース状況などを実際に検証することを明らかにしました。

実務者会議では来年8月5日から8日までの日程で、札幌で開催される東京オリンピックのマラソンと競歩について、ほぼ1年前となる8月6日から9日にかけて、コースや気象状況についてチェックをする実地検証をすることが決まりました。
東京2020組織委員会 森泰夫大会運営局次長
「一般的な人の往来がどういう状況なのかとか、実際に現地で(競技と)同時間で、大会のオペレーションのポイントをチェックしていく」
また、コースの計測は10月をめどに実施するほか、来年4月から5月に検討しているマラソンのテストイベントについては、ことし11月までに開催するかの判断をしたいとしています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース