「道路上に牛がいる」北海道で40頭が逃走 半日後に戻る

この記事をシェア

  • LINE
北海道2020.07.29 11:50

北海道・紋別市の牧場で28日夜、牛およそ40頭が逃げ出し国道で一時、立ち往生しました。一夜明けた29日朝、牧場関係者が全ての牛を戻したということです。

国道の真ん中で道をふさいでいる数頭の牛。28日午後8時半すぎ通行人から「道路上に牛が数頭がいる」と警察に通報がありました。警察によりますと現場から1キロほど離れた「オホーツクはまなす育成牧場」で飼われているおよそ40頭の牛が鉄のおりを壊して逃げ出したということです。
オホーツクはまなす育成牧場 千葉幸司牧場長
「野生の動物の鳴き声に驚いて扉に当たって開いてしまったのではないか」
逃走した牛、およそ30頭は28日のうちに戻ってきましたが、残りのおよそ10頭は一夜明けた午前8時ごろ牧場に戻されました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース