「新型コロナ対応への財政支援を」秋元札幌市長 西村担当相に求める

この記事をシェア

  • LINE
北海道2020.07.28 12:43

西村内閣府特命担当大臣と6都市の市長によるテレビ会議が開かれ、札幌の秋元市長は、保健所体制の財政支援などについて、国に理解を求めました。

西村 内閣府特命担当相
「繁華街でクラスターが発生しているケースが多数見られます。そうした所を共有しながら、対策をとっていければと思う」
札幌市役所では、28日午前10時から、新型コロナウイルスの感染拡大の防止対策についてテレビ会議が開催されました。会議には、西村内閣府特命担当大臣と夜の街関連で感染者が増えている札幌市、横浜市、名古屋市など6都市の市長が出席して意見交換しました。この中で秋元市長は、すすきの地区での感染者が20店舗41人となっていることから、検査を支える保健所の体制について財政支援なども含めて、国に理解を求めました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース