コロナ禍で出荷減 旬の味 ウニ漁

この記事をシェア

  • LINE
北海道2020.05.23 12:32

北海道稚内市では特産のウニ漁が始まっていますが、ことしは新型コロナウイルスの影響で出荷が少なく、漁師は不安な表情です。

濃厚な甘みを持つ稚内のエゾバフンウニ。波の穏やかな日には40隻ほどの磯船が、のぞきメガネで水中を見ながらウニをすくい上げていきます。ことしは新型コロナウイルスの影響で飲食店での需要が減り、出荷が少ないといいます。
(漁師は)
「新型コロナの問題が響いている。値段がどうなるかな」
ウニ漁は6月下旬まで続く見込みです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース