浜松市 接待を伴う飲食店クラスター60人を検査中

この記事をシェア

  • LINE
静岡2020.11.20 20:27

20日、浜松市では新たに14人の感染が確認された。浜松市はクラスターが発生した接待を伴う飲食店2店舗について、約60人の利用客の検査を行っている。

浜松市では新たに14人の感染が発表され、このうち7人はクラスターに関連する感染者だった。クラスターが発生した2つの接待を伴う飲食店について市は利用客の調査を進めているが、客の数は2店舗合わせて100人以上に上るとみられることがわかった。市は連絡がついた約60人の検査を行っていて、21日以降、順次結果が判明する見込み。

またクラスター関連以外の感染者7人のうち5人については感染経路がわかっていない。また20日は、静岡市と浜松市をのぞく11の市などで計16人の感染が確認されている。そのうち5人が同居家族の濃厚接触による家族内感染によるもの。

県は「寒くなるにつれて換気が不十分になること」や「空気が乾燥してウイルスの生きている時間が長くなる」ことから換気の徹底と飛沫防止など感染防止対策の徹底を呼び掛けている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース