中学生にフェースシールド贈呈

この記事をシェア

  • LINE
静岡2020.10.18 13:01

「新型コロナウイルス対策に役立てて下さい」と、17日、焼津市の自治会が地区の中学生にフェースシールドを贈った。

フェースシールドを贈ったのは、焼津市明るいまちづくり大会大村地区大会の実行団体で、中学生の新型コロナ感染防止に役立ててもらおうというもの。
17日、焼津第6自治会の関宣之会長から大村中学校の高木優太後期生徒会長に全校生徒分のフェースシールド・400枚の目録が手渡された。

今回のプレゼントは、英語の授業参観でマスクでは口元が見えず発音を学びにくいことがわかったことがきっかけだった。
目録を受け取った高木さんは「新型コロナウイルスで大変な中、僕たちの学習に目を配っていただきに心から感謝する」とお礼の気持ちを伝えた。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース