東名高速…最大6時間通行止め 上下線で相次いだ事故に関連は?

この記事をシェア

  • LINE
静岡2020.10.17 12:59

16日夜、富士市の東名高速で男性が車にはねられ、死亡した。事故の影響で、現場付近の上下線が最大6時間にわたって一時通行止めとなった。事故直後に通過した車両のドライブレコーダーの映像を見ると、白い乗用車が大破しているのがわかる。警察によると16日夜8時ごろ、富士市岩本の東名高速上り線で、乗用車に後続のトラックが衝突した。この事故の直後、反対の下り線では、本線上にいた男性が別の乗用車にはねられ、搬送先の病院で死亡が確認された。事故の影響で現場付近の東名高速は、上り線が約5時間、下り線が約6時間にわたって通行止めとなったが、現在は、解除されている。警察は、トラックと衝突した乗用車の運転手の行方が分からないことから死亡した男性が運転手で、自殺を図った可能性を視野に詳しい状況を調べている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース