台風14号 昼すぎ以降に県内接近

この記事をシェア

  • LINE
静岡2020.10.10 12:38

 台風14号は、10日昼すぎから県内に近づくと見込まれている。気象台では土砂災害などに警戒を呼び掛けている。

 気象台などによると、台風14号は10日午前11時現在、和歌山県の潮岬の南を北東に進んでいると推定され、県内にはこの後、昼すぎから夜のはじめ頃にかけて接近するとみられている。県内には遠州南と中部南に波浪警報、伊豆に大雨警報が発表されている。

 台風の影響で10日朝、下田市の海岸ではうねりを伴った波が次々と打ち寄せ、木々も強風で激しく揺れ動いていた。
南伊豆町の石廊崎では午前3時25分に最大瞬間風速26.5メートルが観測されている。県内では、海上を中心に11日の明け方まで非常に強い風が吹く見込み。

 また、伊豆市の天城山では、午前11時現在、降り始めからの雨量が365ミリに達した。11日午前6時までの24時間に降る雨の量は伊豆と東部で150ミリ、中部で100ミリ、西部で80ミリとなっている。
 気象台は、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに警戒するよう呼び掛けている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース