死亡事故急増 交差点で事故防止呼びかけ

この記事をシェア

  • LINE
静岡2020.09.16 12:27

県内では9月に入り、交通死亡事故が多発していることから、静岡市内で警察官らが街頭に立ち、事故防止を呼びかけた。午前10時、静岡市葵区長沼の国道の交差点では、警察官7人が街頭に立ち、交通指導取締りや歩行者に横断歩道のわたり方などを指導した。県警によると県内では、9月に入り、静岡市清水区で78歳と79歳の女性が死亡したほか、15日は浜松市中区で92歳の男性が死亡するなど9人が死亡している。このうち6人が高齢者。県警は、これから年末にかけて日没が早まり、例年、高齢者の死亡事故が増える傾向にあることから、歩行者には反射材の着用を。ドライバーには早めのライトの点灯を呼びかけている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース