仕出し屋弁当で園児含む95人食中毒

この記事をシェア

  • LINE
静岡2020.09.15 19:49

島田市の仕出し屋の弁当を食べた95人が下痢や腹痛などの症状を訴え保健所は集団食中毒と断定した。弁当は幼稚園でも提供されていて患者のうち59人が幼稚園児だった。

中部保健所によると今月8日、島田市河原の仕出し屋「大井川」で調理された弁当を食べた369人のうち95人が下痢や腹痛などの食中毒の症状を訴えた。弁当は幼稚園2か所で給食として出されたほか、高校と事業所でも提供された。患者は園児59人と高校生22人を含む3歳から71歳までの男女で、全員快方に向かっているという。

患者や調理した従業員からウエルシュ菌が検出されたことから、中部保健所は提供された弁当を原因とする集団食中毒と断定した。中部保健所は「大井川」を15日から当分の間、営業禁止としている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース