焼津市 珍しい深海生物展示

この記事をシェア

  • LINE
静岡2020.09.12 17:22

焼津沖の駿河湾で、深海生物の「カイロウドウケツモドキ」が生きたまま捕獲され、焼津市の深層水ミュージアムで展示されている。

「カイロウドウケツモドキ」は10日、深海専門漁師の長谷川久志さんが焼津沖水深700メートル付近で生きたまま捕獲したもの。

この「カイロウドウケツモドキ」は、30センチほどの大きさでプランクトンを食べる原始的な海面動物で、ほとんど動かず白い花瓶のような形をしている。

深海魚を専門に漁をしている長谷川さんでも捕獲したのは25年ぶりで、生きた状態で公開されるのは非常に珍しいという。

焼津市の深層水ミュージアムで展示されている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース