県内の大気は不安定

この記事をシェア

  • LINE
静岡2020.09.10 12:51

気象台によると、10日の県内は大気の状態が不安定で、午後も断続的に雨や雷が発生するという。

午前6時すぎ、沼津市には虹が出ていた。気象台によると沼津市内は早朝に雨が降り、空気中に残った水蒸気が太陽の光に照らされ、虹が現れたという。10日午前1時半ごろには浜松市西区では雷が発生した。

気象台は、10日の県内は南から暖かく湿った空気が流れ込み大気の状態が不安定で、午後も多いところで1時間に40ミリの雨が予想されるほか、雷が発生すると話している。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース