ウーバーイーツ交通マナーに課題 静岡市で事故5件

この記事をシェア

  • LINE
静岡2020.09.08 20:12

県内でも人気のウーバーイーツ。一方で課題も出ていた。県内でサービス開始から3か月となり利用者が増える一方、配達員の交通違反や事故が相次ぎ警察が注意喚起に乗り出した。

ウーバーイーツとは飲食店から料理を代理で届けてくれる宅配サービスの1つで、静岡市と浜松市で運営されている。こちらの静岡市の飲食店はサービス開始から利用しているが月に50件を超える注文が入るという。

その人気の半面、問題となっているのが配達員の交通マナー。こちらは、静岡市内で先月撮影された映像。配達員が一方通行を逆走してくる様子がわかる。県警によるとウーバーイーツの配達員の事故がこの3か月に静岡市内で5件発生しているという。

宅配量と共に増加する事故に対策も始まった。8日、静岡市の中心市街地では静岡中央警察署が配達員に対する注意喚起を始めた。ながらスマホの禁止などを呼び掛け商品を提供する飲食店側には交通安全のチラシ配布を依頼した。ウーバーイーツ本社は今後も関係機関の協力を仰ぎながら、さらに安全啓発への取り組みを強化していくと話している。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース