焼津市 AI検温カメラ設置

この記事をシェア

  • LINE
静岡2020.09.08 16:53

焼津市は新型コロナ対策徹底のため、主要な公共施設にAI顔認証型サーモグラフィーカメラの設置を始めた。焼津市では、コロナ禍で公共施設の来場者の健康状態を確認するため、9月から主要な公共施設14カ所に、設置方式のAI顔認証型サーモグラフィーカメラとハンディ型のカメラを設置する。焼津図書館では早速1日からサーモグラフィーカメラが設置され、来場者の検温を始めた。市では年間10万人以上の「特に多い施設」と「多い施設」に区分し、「特に多い施設」は一度に10人程度の体温を検知できる高精度カメラを設置する予定。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース