リニア県の専門部会「生態系の影響も話し合って」

この記事をシェア

  • LINE
静岡2020.07.31 19:59

リニア工事による影響を話し合う県の専門部会が開かれ、これまで4回開かれた国の有識者会議の内容が報告された。

7月31日は前回の国の会議でトンネル周辺の地下水位が300m以上低下するデータがJR東海から示されたことが報告されると、委員からは「生態系への影響も話し合ってほしい」との意見が上がった。

また「中下流域の地下水に影響はない」とするJR東海のデータには解析精度や計算条件に問題があるとして、近く県の見解をまとめ国の会議に提言するという。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース