リモート授業の研究進む

この記事をシェア

  • LINE
静岡2020.07.30 21:39

山間地や離島の子どもたちが様々な分野の専門家から学ぶことができるリモート授業の研究が、静岡市で進められている。

この取り組みは、静岡大学のベンチャー企業が、山間地などの子どもたちの学習環境を向上させようと企画したもので、静岡市の小学校ではソニーの社員によるプログラミングの授業がリモートで行われた。

児童はプログラミングが社会でどう役立つかを考えて発表し、アドバイスを受けていた。
今後も様々な企業とタッグを組んだ授業が行われる予定。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース