リニア巡りトップ会談 開業遅れる可能性高まる

この記事をシェア

  • LINE
静岡2020.06.26 21:58

リニア問題を巡って26日、川勝知事とJR東海の金子社長が初会談を行ったが、川勝知事は6月中の「準備工事」の着手を認めなかった。

JR東海の金子社長は、川勝知事との初のトップ会談で、リニア中央新幹線を「2027年に開業させるため、6月中に準備工事を進めさせてほしい」と重ねて要請した。
一方、川勝知事は「認められるのは作業員の安全確保のための整備」であり、「トンネル工事に直結する部分は認められない」と、準備工事の着手に反対する意向を示した。
6月中に準備工事に着手し、2027年の開業を実現させたいJR東海だが、開業が遅れる可能性が高まった。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース