沼津市の小中学校 夏休み短縮10日間に

この記事をシェア

  • LINE
静岡2020.05.22 21:43

沼津市は小中学校の夏休みを大幅に短縮し10日間にすると発表した。他の市町でも夏休みの短縮などが検討されている。

新型コロナウイルスの感染防止のため沼津市は小中学校を今月17日までの約1か月間休校にしていた。

そのため「授業日数確保のためにはやむを得ない」として、ことしの夏休みを23日短縮し10日間にすると発表した。

当初、夏休みは7月23日からの33日間で予定されていたが、ことしは8月8日からの10日間に変更される。

市内の小学校に通う子どもとその親からは「悲しい」「仕方ない」などの声が聞かれた。

県内で先駆けて決まった夏休みの大幅短縮。

沼津市の担当者は「授業日数確保するため、また学習を保障するため仕方なかった。朝の時間を使って補習したり家庭学習を工夫したり学力の保障を行いたい」と話した。

また富士市でも小中学校の夏休みを20日間に短縮すると決定している。

その他の市町でも土曜授業や夏休みの短縮などを検討する動きがあり、対応が分かれそうだ。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース