父親殺害 事件前に息子の浪費を相談

この記事をシェア

  • LINE
静岡2020.03.24 20:51

長泉町で父親(86)を殺害したとして息子(55)が逮捕された事件で、父親が息子の金の浪費について警察に相談していたことがわかった。

逮捕された長泉町の無職穐山正志容疑者(55)は3月24日、検察庁に身柄を送られた。

事件は22日午前、穐山容疑者が警察に「父親を殺した」と通報し、駆け付けた警察官が居間で倒れ死亡している父親の学さん(86)を見つけたというもの。

穐山容疑者と学さんは2人暮らしで、その後の調べで、学さんの死因は窒息死と分かった。

また事件前、学さんは警察に「足が不自由なので息子に金を渡し買い物を頼んでもパチンコに使ってしまう」と相談していたという。

警察は犯行に至った経緯や動機について捜査している。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース