母親を逮捕 出産直後に新生児殺害か

この記事をシェア

  • LINE
静岡2020.03.21 20:25

藤枝市で、生まれたばかりの女児を殺害した疑いで38歳の母親が逮捕された。
逮捕されたのは、藤枝市西方の無職、粟野亜希子容疑者(38)。警察などによると、粟野容疑者は去年12月、自宅2階のトイレで出産した女児を殺害した疑いがもたれている。
当時、粟野容疑者は「出産したが、死亡している」と消防に通報したが、司法解剖の結果、女の子は生まれた際に生きていたことが分かったという。
近所の人によると、粟野容疑者は夫や夫の両親など8人暮らしで、近所付き合いはあまりなかったという。
警察は、粟野容疑者の認否を明らかにしていないが、今後、殺害の動機や方法などを追及する方針。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース