うなぎパイ生産再開 きっかけはSNS

この記事をシェア

  • LINE
静岡2020.03.18 19:40

新型コロナウイルスの影響で生産休止となっていたうなぎパイが3月18日から生産を再開した。予定よりも早い復活の背景にはSNSなどを中心とした支援の輪があった。

3月13日にうなぎパイの製造ラインの一時休止を決めた春華堂。新型コロナウイルスによる影響で売り上げが半減したことにより、21日までの9日間製造ラインを休止し生産調整を行うと発表した。

しかし、状況が一転。18日から一部の製造ラインを再開させた。きっかけは、SNSを中心に、ニュースを見た消費者のうなぎパイへの応援コメントや購買運動などの支援の輪だった。これにより、うなぎパイなど一部の商品の在庫が足りなくなる可能性が出てきたため生産を再開したいう。春華堂の広報は「SNS等で多くの声をいただき本当にうれしい」と話す。春華堂では今後も、新型コロナウイルスの影響を見ながら、製造ラインの調整を行っていく方針。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース