新型コロナ 松山市の30代女性感染

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2020.10.16 16:18

今月3日以来となる。愛媛県内で新たに1人の新型コロナウイルス感染が確認された。県内での感染は116人目。

新型コロナの感染が確認されたのは、松山市に住む30代の無職の女性。この女性は、今月9日に咳や頭痛などの症状が現れ、翌10日には37.1℃の熱と倦怠感があったため医療機関を受診した。

この際は2週間以内に県外への移動がなく、外出時にはマスクを着用していたことなどから風邪と診断されたという。しかしその後、嗅覚障害を発症、倦怠感も続いたことから医師の判断で15日検査を受け、感染が判明した。

濃厚接触者は同居家族2人で、うち1人は既に陰性が確認された。一時鼻水などの症状があった残る1人の検査結果は16日中に判明する見通しだが、現在症状はないという。

県では、同居家族の陽性が確認された場合は、速やかに行動歴などの調査を行うことにしている。

会見した中村知事は、症状が出た場合は迷うことなく相談センターに連絡をしてほしいと呼びかけた。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース