山本周五郎賞受賞 早見和真さんを表彰

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2020.10.16 16:02

今年の山本周五郎賞を受賞した松山市在住の小説家早見和真さんに
「愛顔のえひめ文化・スポーツ賞」が贈られた。

16日、県庁で開かれた表彰式では、中村知事から松山市在住の小説家 早見和真さんに賞状とメダルが贈られた。早見さんは神奈川県出身の43歳、2008年に小説家としてデビューし、2016年から松山市に移住して執筆活動を続けている。

そして、去年発表した競馬の世界を描いた小説「ザ・ロイヤルファミリー」が今年の山本周五郎賞に選ばれたことから「愛顔のえひめ文化・スポーツ賞」が贈られた。

早見さんは「とてもうれしい。何年愛媛にいられるかわからないが自分の代表作だと思えるものを書いて出ていけたら」などと語っていた。
なお、早見さんは現在、愛媛を舞台にした新しい小説を執筆しているという。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース