西条まつり規模縮小 ライブ配信も実施

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2020.10.15 11:21

豪華絢爛で知られる西条まつりだが、今年は新型コロナの影響で、規模を縮小して開催されている。

午前8時、西条市の伊曽乃神社では、神様を乗せた神輿が本殿から出てきた。いつもの年であれば、毎年10月15日の宮出しに合わせて伊曽乃神社の境内にだんじりとみこし合わせて81台が集結する。そして翌16日、加茂川で西条まつりのクライマックスとなる川入りが行われる。

しかし、今年はかき夫が密集するのを避けるため、だんじりやみこしの奉納を取りやめた他、川入りも中止になった。そこで神社では自宅などでまつりを楽しんでもらおうと、今年初めて、神事の様子をYouTubeで配信した。

地元の男性は「また来年からいつもの祭りになってほしい」と話していた。

神社を出た神輿はトラックで市内5か所を回ることになっている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース