来年のおせち発表会コロナ時代様々な工夫も

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2020.10.13 14:53

松山市のデパートでは早くも来年のお正月を彩る「おせち」の発表会が開かれた。ウィズコロナという状況の中、おせちにも様々な工夫が見られる。

松山市のいよてつ高島屋で開かれたのは、2021年おせち発表会。巣ごもりのお正月に少しでも“気分を上げて”もらおうと、高級ホテルの贅沢おせちをはじめ、テレビの料理番組などで活躍する人気女性シェフの和・洋・中コラボおせちなどがお披露目された。

また、ウイズコロナ時代のニーズをつかもうと感染予防のため、一段ごとに1人前が詰められた取り分け不要なおせちのラインナップが強化されている。

8月の県内のデパートの売上高は前の年に比べ31.9%減少している。厳しい状況が続いているが、いよてつ高島屋では“おせち商戦”の売り上げ目標を前年比5%増の5800万円に設定し、新しい年の反転攻勢を図る。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース