校長が女子児童に「あほか」 四国中央市

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2020.10.09 15:47

四国中央市の小学校の校長が女子児童に「あほか」「ろくな大人にならない」などと暴言を吐いていたことがわかった。児童はその後登校できなくなっているという。

四国中央市教育委員会によると先月25日、四国中央市の小学校で出張中の担任に代わり授業を行っていた58歳の男性校長が4年生の女子児童に対し、宿題ができていないことをごまかそうとしたとして「あほか」「ろくな大人にならない」などと叱責したという。

女子児童は急性ストレス反応と診断され学校を休んでいるということで市教委は、不適切な発言だったとして校長を口頭で厳重注意している。
市教委は「スクールカウンセラーによる心のケアなどを行い、1日も早く児童が登校できるよう対応したい」としている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース