ひき逃げ死亡 ダンプカー運転の男逮捕

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2020.10.07 12:14

6日午前、宇和島市の国道で高齢の男性がひき逃げされて死亡した事件で、警察は、ダンプカーを運転していた68歳の会社員の男を逮捕した。
ひき逃げと過失運転致死の疑いで逮捕されたのは、宇和島市津島町の会社員 山村鶴夫容疑者(68)。

警察によると、山村容疑者は6日午前9時頃、宇和島市吉田町の国道56号でダンプカーを運転中、横断歩道を歩いて横断していた近くに住む河野弘さん(96)と衝突し、現場から立ち去った疑いがもたれている。河野さんは、全身を強く打ちその後、死亡が確認された。
山村容疑者は、事故当時、吉田町内で土砂を運搬する仕事をしていたということで警察の調べに対し「事故を起こしたことは気づかなかった」と容疑を否認している。

また、警察によるとダンプカーの左側面にわずかな擦り傷があったということで、事故の詳しい原因を調べている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース