書道パフォーマンス作品展 四国中央

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2020.09.11 13:35

新型コロナの影響で中止になった書道パフォーマンス甲子園を目指していた高校生たちの作品が、四国中央市の18か所で展示されている。
実行委員会は今年の大会が中止になったことを受け、これまで頑張ってきた高校生たちの思いを届けようと作品や演技を冊子や動画にまとめるプロジェクトを進めている。

全国87の高校から作品が集まり、そのうち紙で提出された33点を市役所や博物館、スーパーなど18か所に展示している。

去年の大会で優勝した長野県松本蟻ヶ崎高校の作品『僕たちの青春』には大会が中止になった悔しさや苦しさ、それでも前を向く気持ちが込められている。

作品に見入っていた男性は「力強い言葉だと思う。自分も商売をしているがコロナに負けず頑張ろうと思う」と話していた。

作品は会場により9月中旬から9月末ごろまで展示されている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース