ミカンの季節到来 極早生ミカン収穫開始

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2020.09.09 15:47

宇和島市吉田町で極早生ミカンの収穫が始まった。

9日朝、宇和島市吉田町のミカン園では農家の山本平さんがN-1という品種の極早生ミカンをハサミで摘み取っていた。極早生ミカンは温州ミカンの中で最も早い時期に収穫が始まり、ほんのり甘く爽やかな酸味が味わえる秋の味覚として人気がある。

JAえひめ南によると今シーズンは梅雨明け後に晴れの日が続いたため、糖度と酸味のバランスがよい例年並みの品質に育っているという。

9日収穫されたミカンは、14日に東京の市場で初売りされる。

一方、収穫が本格化するこれからの時期に活躍が期待されているのがアルバイター。しかし、宇和島市では新型コロナ感染拡大防止のため今年は県外からのアルバイターの受け入れを中止しており新型コロナはミカン産業にも影響を及ぼしている。

なお、八幡浜市を中心としたJAにしうわでは、PCR検査を実施した上で県外からのアルバイターを受け入れることにしている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース