自民党県連 総裁選予備投票用紙発送

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2020.09.07 17:05

自民党総裁選は8日告示、自民党愛媛県連は地方票に党員の意見を反映させるため独自に実施する予備投票の投票用紙を、7日発送した。
今回の自民党総裁選では全国の党員らが投票する党員投票は行わず各都道府県連には地方票が3票ずつ割り当てられている。

愛媛県連は、県内の党員らの意見を反映させようと独自の予備投票を実施することにしている。7日発送された投票用紙は、総裁選が告示される8日以降、県内のおよそ2万人の党員と党友のもとに届く予定という。投票は12日まで受け付け、13日日に開票作業を行う。
自民党県連の渡部浩幹事長は「県連として誰を推すという事はなく党員一人一人の思いを重視した投票になる。」などと話していた。

県連は、得票数に応じて票を配分する「ドント方式」で地方票3票の投票先を決定する。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース