来年秋完成 松山三越大規模リニューアルへ

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2020.07.29 17:53

30年ぶりのリニューアル。松山三越は食の専門店や地元の特産品を集めた土産物コーナー、それに地元ホテルの出店など大規模なリニューアル計画を発表した。

松山三越が29日発表した大規模なリニューアル計画によると地下1階は、地産地消をコンセプトに愛媛産の食材などを集めた食の専門店を展開する。また、1階にはフードコートやスイーツショップの他、地元の物産品を集めた土産物コーナーが設けられる。

そして、2階から4階に、化粧品や婦人服・紳士服売り場などを集約する。5階と6階にはセルフのエステやシミュレーションゴルフが楽しめる施設が出店するという。

さらに、7階と8階には、道後の茶玻瑠が北欧デザインを象徴する世界的ブランド「マリメッコ」の元デザイナーで砥部町出身の石本藤雄さんとコラボしたホテルを出店する。

記者会見で松山三越の浅田徹社長は「お客様のニーズとか地域のニーズがあるものに集中していこうというのが今回の計画」などと語った。

松山三越は、営業を続けながら今年9月に改装工事をスタートし、来年秋頃のリニューアルを目指す。松山三越のリニューアルは1991年以来30年ぶり。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース