歩行者優先意識を ラッピングトラック登場

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2020.07.27 17:22

ドライバーに歩行者優先の意識をもって運転してもらおうと四国中央市の運送会社が制作したラッピングトラックの出発式が行われた。
27日は四国中央市の金生運輸で出発式が行われ、4台のラッピングトラックがお披露目された。トラックには横断歩道を渡るみきゃんや「横断歩道は歩行者優先」などの言葉が描かれている。

金生運輸は県警が行っている「横断歩道止まろうキャンペーン」の推進モデル事業所に選ばれていて「運転中携帯しまうプロ意識」といった社員が考えた標語がデザインされたトラックもある。

金生運輸の川端洋一社長は「この車両を見ることによってあらゆるドライバーが横断歩道の歩行者優先を思い起こしてもらえたら」と話していた。

ラッピングトラックは県内や関東方面に荷物を運びながら交通安全を呼びかける。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース