感染介護職員家族2人の陽性判明 松山

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2020.07.27 15:57

愛媛県内で新たに2人の新型コロナウイルス感染が確認された。2人は、25日感染が確認された伊予市の高齢者施設で働く介護職員の家族。
新型コロナの感染が確認されたのは、松山市の50代の会社員の女性と、20代の無職の男性の2人。

2人は、25日感染が確認された伊予市の高齢者施設「森の園」で介護職員として働く40代男性の家族で、県が濃厚接触者として検査を行った結果、26日陽性が判明した。

このうち50代の女性は、いよてつ高島屋地下1階の洋菓子売り場で業務にあたる取引先の従業員。いよてつ高島屋によると、女性は今月24日まで勤務していたが、マスクと手袋を着用するなどの感染防止対策をとっていた。

いよてつ高島屋では、保健所に報告の上、この女性が業務にあたっていた売り場や休憩所などの共用部分を消毒、当該店舗を臨時休業とすると共に、スタッフを自宅待機にしている。なお、当該店舗を除いていよてつ高島屋は全館で営業を続けている。

県は職場の同僚らあわせて14人を濃厚接触者として検査を急ぐ方針。
この他、「森の園」関係では、施設の入所者6人と職員12人も濃厚接触者として検査を受けたが、県は27日全員陰性だったと発表した。
なお、県内で新型コロナウイルスが確認されたのはこれで87人となった。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース