GoToトラベル 県内では期待と戸惑い

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2020.07.22 16:39

政府の観光支援事業「GoToトラベル」が22日始まった。県内では期待の声がある一方、詳しい内容が分からないという戸惑いの声も聞かれた。

県内最大の観光地、道後では道後温泉本館にミスト扇風機が設置され、道後を訪れた人に“涼しさ”をもてなしていた。道後温泉事務所の山内充所長は「人の動きが増え感染防止策をこれまで以上に強化しなければならない」と気を引き締めていた。

GoToトラベルに参加するには旅館やホテルは感染防止対策をとることが条件という。23日リニューアルオープンする道後プリンスホテルは浴室の混雑状況がスマートフォンで確認できるシステムを導入するなど様々な対策を講じている。

河内広志社長はGoToトラベルの今後に期待する一方で、制度の詳しい内容に不明な点もあるため戸惑いもあると語っていた。その上で、河内社長は利用者や宿泊事業者が内容を十分理解するための説明会を早く開催して欲しいと要望していた。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース