集団感染関連 新たに1人感染1人死亡

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2020.05.21 17:28

新型コロナウイルスの集団感染が発生した松山市の牧病院で新たに入院患者1人の感染が確認された。また、牧病院をめぐる感染者のうち高齢者1人が亡くなった。

県によると感染が確認されたのは牧病院の60代の入院患者男性で当初の検査では陰性だったが、20日朝、発熱があったため再度検査をしたところ感染が確認されたという。男性は、他の病院に転院せず感染対策を徹底した上で、牧病院で治療を続ける。

牧病院関係の新型コロナの感染者は、職員や入院患者などあわせて27人となった。中村知事は会見で「新たな感染が確認されたとしても囲い込みはできており、その点は冷静に受け止めて欲しい」と語っている。

また、21日は新型コロナ感染症により県内で1人の死亡が発表され た。関係者によると亡くなったのは、牧病院に入院していた高齢の患者だという。県内の感染者は75人、死者は4人となった。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース