特殊詐欺被害 未然防止で感謝状贈呈

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2020.05.21 14:46

新居浜市に住む高齢者の特殊詐欺被害を未然に防いだとして、水道工事会社に勤務する男性に警察から感謝状が贈られた。

新居浜警察署から感謝状が贈られたのは、水道工事会社に勤務する西条市の平田誠さん。平田さんは今月1日、新居浜市内で一人暮らしをしている80代女性の自宅のトイレを修理中に、女性が電話で「キャッシュカード」や「暗証番号」などと話しているのを聞き、新居浜警察署に通報した。

平田さんは「本当に被害がなくてよかった」と話している。

県警によると、今年1月から4月末までに県内で確認された特殊詐欺被害は15件で、被害額はおよそ1800万円に上るという。

警察は、不審な電話があった場合は1人で判断せず、身近な人や警察に相談してほしいと呼び掛けている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース