#鯛たべよう 宇和島産養殖真鯛を応援販売

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2020.05.21 14:31

“#鯛たべよう”。新型コロナの影響で行き先を失った宇和島産養殖真鯛の応援販売が、21日松山市のスーパーで行われた。

松山市のコープ余戸の特設コーナーでは、養殖真鯛の刺身や切り身が、通常の半値近くで販売され多くの買い物客でにぎわった。

生産量日本一を誇る宇和島産の養殖真鯛。2キロ以上のサイズは、その多くがホテルや飲食店、海外へ出荷されるはずが、新型コロナの影響で需要が激減し、行き先を失ってしまった。

そこで、コープえひめは“#鯛たべよう”キャンペーンを展開している産地を応援しようと、この販売を実施した。

宇和島市総務企画部の山中良一さんは「SNSで”#鯛たべよう”を付けて拡散して頂ければ、地元の力、生産者の明日への活力になると思う」と協力を呼びかけていた。

コープえひめの応援販売は、来月3日まで松山市内5店舗で行われる。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース