院内集団感染 「囲い込み完了」県が報告

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2020.05.20 16:53

松山市の牧病院で発生した集団感染について県は、新たな感染者はなかったとした上で、緊急事態宣言解除の条件となっていた報告書を国に提出した。

20日、ウェブ形式で開かれた全国知事会で、中村知事は松山市の牧病院で発生した新型コロナの集団感染についての現状を報告した。集団感染では、これまでに関係者26人の感染が確認されているが、20日発表された検査結果は、全て陰性だった。

また、この集団感染については、愛媛県への緊急事態宣言を解除する条件として、感染経路の徹底的な調査や速やかな国への報告が求められていた。

このため、県は「感染源や経路は特定できていないものの、感染拡大リスクのある関係者の囲い込みはひとまず完了した」とする報告書を国に提出している。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース