テイクアウト商品 町民は半額です 愛南町

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2020.05.18 14:17

新型コロナの影響で売上げの落ち込みが続く飲食店。愛南町では、テイクアウト商品の代金の半額を町が負担し飲食店を支援する取り組みが始まった。

愛南町の飲食店「なにわ」では、18日朝、従業員らが、うなぎ弁当や地元の養殖マダイを使った鯛めしの丼ぶりなど、お昼のお弁当作りに追われていた。

この店では、新型コロナウイルスの影響で売上げが大幅に落ち込んだことから愛南町が始めた「テイクアウト半額キャンペーン」に参加した。
このキャンペーンは、愛南町が18日スタートした独自の支援策で町内の飲食店およそ40店舗が参加している。半額となるのは愛南町民や愛南町内で勤務する人などで、代金の残る半分は町が負担し後日、お店側に振り込む。

この店では、およそ100食分のお昼のテイクアウト弁当が売れたという。「テイクアウト半額キャンペーン」は来月末まで行われる。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース