松山市が濃厚接触者ら12人陰性と発表

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2020.03.21 12:08

イタリアから帰国し、新型コロナウイルスに感染していることがわかった松山市の女性の家族など、濃厚接触者ら12人ついて、松山市は、検査の結果、全員が陰性だったと発表した。

松山市の野志市長は、21日会見を開き、イタリアから帰国し、感染が確認された、松山市の30代の女性会社員と濃厚接触した家族3人が検査の結果、陰性だったと発表した。

また、女性は、羽田空港から松山空港に飛行機で移動していて、機内で近くの席に搭乗していた9人についても、念のため検査を実施し全員が陰性だったという。

野志松山市長は、「確認できる濃厚接触者や接触者は全員陰性だったので現時点では松山市内で新型コロナウイルスの感染拡大はみられないと判断している」と話した。

陰性が確認された女性の家族3人については、今月末まで自宅で健康観察し、感染が疑われるような症状が現れるなど必要と判断した場合は再度、検査を実施するという。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース