高知県最大の草野球大会 2か月遅れで開幕

この記事をシェア

  • LINE
高知2020.06.29 11:20

高知県内最大規模の軟式野球トーナメント「職場早起き野球大会」が29日、開幕した。ことしで61回目。会場は高知市の高知球場と東部球場。新型コロナウイルスの影響で、大会の開幕は例年より       約2か月遅れで、開会式も中止に。
また参加チーム数も1部・2部・3部・壮年の部をあわせて去年に比べて27チーム少ない65チームとなった。
29日朝は、梅雨の晴れ間が広がり、選手たちは一つ一つのプレーを楽しみながら汗を流した。
選手達の熱戦は9月末ころまで繰り広げられる予定。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース