夏の甲子園中止で独自の県大会を検討

この記事をシェア

  • LINE
高知2020.05.21 11:44

日本高野連が夏の全国高校野球選手権大会と地方大会の中止を決定したことを受け、県高野連は、独自の県大会の開催について検討し、6月20日までに結論を出す方針を示した。

県高野連は、20日夜に会見を開き、夏の甲子園の中止決定について「妥当な判断だと受け止めるべきもの」とコメントした。

その上で、独自の県大会の開催の可否については「日本高野連が出した課題を洗い出しながら検討を継続していく」とし、6月20日までに結論を出す方針を示した。

県高野連は県内の加盟校に対して独自の県大会開催に関するアンケートを行なっていて、この結果を参考に今後の対応を話し合うことにしている。

独自の県大会については、新型コロナウイルスの感染防止対策だけでなく、練習が十分できない中でのけがや熱中症対策などさまざまな課題があるが、現場の指導者たちからは3年生の集大成の場として開催を望む声が上がっている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース