ジュノハート初せり 最高値 1粒2万円

この記事をシェア

  • LINE
青森2020.06.30 18:14

 7月1日全国デビューするサクランボの独自品種ジュノハートの初せりが八戸市で行われました。
 最上位の青森ハートビートは最高値は1箱15粒入り30万円、実に1粒2万円です。


 初せりは6月30日朝、八戸市中央卸売市場で行われ三村知事たちが仲買人にジュノハートをアピールしました。

★三村知事
「上げて上げて上げて世界へ全国から世界に向かっていくぞ!」

 初せりには南部町と三戸町の生産者が栽培したジュノハートと青森ハートビートあわせて36箱が上場されました。
 最上位の青森ハートビートがせりにかけられるのは今年が初めてです。
 せりの結果、最高値は千葉市の青果仲卸「長塚青果」がつけた15粒入り1箱30万円でした。
 1粒2万円で去年の最高値の2倍です。

★長塚青果 長塚京子社長
「高値であればあるほど全国でも注目していただけると思いますのでそこはいくらでも出しましょうということで」

 全体としてはハートビートが1箱平均7万2923円、ジュノハートは去年の3倍にあたる平均3万5739円で取り引きされました。

★八戸中央青果 横町芳隆社長
「みなさんの思いがね ひじょうに熱い思いがバイヤーの皆さんにも伝わったんじゃないかなと」

★八戸農協さくらんぼ専門部 山田仁志部長
「やっぱりびっくりしました驚きです これで生産者の方々も勢いがついてくるのではないかと思います」

 八戸市のこちらの青果店ではハートビートが1箱税抜き4万8千円、ジュノハートが1箱3万8千円で品質と値段の高さに話題を集めていました。

★買い物客は…
「桁1つ間違ってないか」
Q見た目は?
「すごいねやっぱり」
「大きくてかわいい おいしそうですね 甘そうで」

 ジュノハートは7月1日東京などで全国デビューします。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース