レジ袋 あすから有料化

この記事をシェア

  • LINE
青森2020.06.30 18:13

 プラスチックごみを削減する取り組みです。
 7月1日から全国の小売店でレジ袋の有料化が義務づけられ県内のコンビニエンスストアでも準備が進んでいます。

★能代谷記者
「このようにコンビニで買い物をしてもらっていたレジ袋があすから有料となります」

 青森市内のこちらのコンビニエンスストアではレジ袋の有料化を知らせるポスターを店内に掲示しています。

★店員呼びかけ

 店では、ひと月におよそ1万枚のレジ袋が消費されています。
 レジ袋は7月1日から大きさや形に応じて3円から5円で販売されます。

★利用客は…
「スーパーに行くときレジ袋を持っていくのは普通になっているけれどコンビニでもらえないのはちょっと不便ですよね」
「不便にはなりますが資源を大事にしなくてはいけないと思います」

★デイリーヤマザキ青森古川店 成田由巳店長
「環境に優しくということで当店でもレジ袋が有料化となりますのでマイバッグのご利用をいただだければと思います」

 有料化の対象となるレジ袋はプラスチック製で持ち手がついているものです。
 一方、植物由来のバイオマス素材が25%以上含まれているレジ袋などについては対象外となります。

 国がレジ袋を有料化した大きな目的が環境問題への対応です。
 海洋に流出して生態系に深刻な影響を与えているプラスチックごみの削減を進めます。

★能代谷記者
「7月からのレジ袋有料化に向けてこちらの雑貨店ではさまざまな種類のエコバッグを取り揃えています」

 こちらの雑貨店では6月に入ってからエコバッグの売れ行きが良くいつもの月の倍以上売れています。
 エコバッグは保冷機能が付いたものや小さく折りたためて手のひらにも収まるコンパクトなものもあります。

★パステル青森店 山上麻恵店長
「コンビニでも袋が有料化になるのでお弁当が入るサイズの袋について聞かれることも多くなっています」10秒

 県はプラスチックゴミの削減を呼びかける宣言を行っておりエコバッグを持ち歩くよう呼びかけています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース