常田健美術館 リニューアル

この記事をシェア

  • LINE
青森2020.05.23 17:09

津軽の大地に生きる農民の姿を描いた画家常田健の美術館がリニューアルオープンしました。

青森市浪岡にある「常田健土蔵のアトリエ美術館」は運営主体が遺族から記念財団に変わり、23日リニューアルオープンしました。常田は旧浪岡町で農業を営みながら創作活動に没頭し、農民の姿を通して津軽の風土を描きました。館内には300点余りの作品のうち、厳選した油絵やデッサンなどおよそ30点が展示されています。
『水引人』は二科展に入選した作品です。田んぼの水取りでいさかいが起きた時代、徹夜して水路を守った農民たちのつかの間の休息を描きました。アトリエの土蔵は当時のまま残されており、作品とともに人となりを肌で感じることができます。美術館は開館日が大幅に増え、火曜から日曜の午前10時から午後5時まで鑑賞できます。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース