終息願いアマビエ展

この記事をシェア

  • LINE
青森2020.05.23 11:39

八戸市の画家、今川和男さんが新型コロナウイルスの終息を願って描いた「アマビエ」の油絵展が八戸市で開かれています。

旧倉石村出身で八戸市在住の画家・今川和男さんは美術教師を経てプロの作家となりました。会場のはっちには疫病退散の妖怪「アマビエ」を題材にした油絵24点が展示されています。これまで主に風景画を描いてきた今川さんにとっては初めての試みで、パステル調の色合いが印象的です。
アマビエ展は25日まで八戸市の「はっち」で開かれています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース