青森地検 立てこもりの男性 不起訴

この記事をシェア

  • LINE
青森2020.05.20 12:38

 青森地方検察庁は4月、野辺地町の健康増進センターに包丁を持って立てこもったとして逮捕された男性を19日不起訴処分としました。

 不起訴処分となったのは野辺地町に住む44歳の男性です。
 男性は4月28日の夕方、文化包丁を持って野辺地町健康増進センターに約1時間40分、立てこもり銃刀法違反や建造物侵入などで現行犯逮捕されました。
 当時、男性は「病院の院長に会わせろ会わせなければ死んでやる」などと話していたということです。
 検察は処分の理由を明らかにしていません。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース