八戸市 警戒感高まる

この記事をシェア

  • LINE
青森2020.03.26 18:58

 3日間で6人もの感染が確認された八戸市では警戒感が高まっています。

 八戸市内を走るタクシーの多くが空車です。
 催しや会合の自粛が相次いだことで3月の売り上げが3割以上減っているタクシー会社もあります。
 さらに市内で感染が確認された人が旅行から戻りタクシーを利用して帰宅したことが分かり客足が遠のいている状況です。
 このうち八戸タクシーでは乗務員の体調管理を徹底し、乗客を降ろしたあとは必ず車内をアルコール消毒しています。

★八戸タクシーの乗務員は…
「お客さんを1人乗せて降ろしたらすぐ除菌次の人のためにやっています」

 八戸市の協会の会長を務める八戸タクシーの三浦社長は、各社が
危機感を持って対応しているので安心して乗ってほしいと話します。

★八戸タクシー
  三浦浩 社長
「八戸市内でコロナが確認されてから売り上げが落ち込んできましてこの先将来不安だということが正直な話しです。タクシーはきれいに除菌しているから安全だということを逆にPRしながら安心して乗っていただきたい」

 八戸市立図書館は感染が確認された70歳代の女性が借りていた本の返却で訪れていたことが分かり、27日から当面の間臨時休館します。

★図書館の利用者は…
「本が唯一の楽しみなので」
「しょうがないですけども」

★八戸市立図書館
  田茂隆一 館長
「利用できなくなってたいへん申し訳ないと思っていますが、市民の方の不安が増大している部分をやはり受け止めましてあすからの休館という判断をしました」

 八戸市教育委員会は修了式を行う
小中学校に対し
自粛するよう要請しました。
 このうち鮫小学校は26日、修了式と離任式を行う予定でしたが、子どもたちの健康と安全を第一に考え中止を決めました。

★八戸市鮫小学校
   白石哲志 校長
「修了式は子どもたちの1年間の頑張りとか成長を認めてあげる式でもありますし、子どもたちもですが先生方自身も本当に悲しくて
残念な気持ちだと思います」

 新型コロナウイルスの感染が確認された八戸市は市民の間に警戒感が高まっています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース