新型コロナ 青森市 小・中学校が再開

この記事をシェア

  • LINE
青森2020.03.23 18:38

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、臨時休校となっていた青森市の小・中学校が23日再開しました。
 3週間ぶりに子どもたちが登校し、新学期に向けて健康状態の確認や自宅学習の指導が行われました。

 3月2日から臨時休校していた青森市の小・中学校は23日、64校のうち14校で学校が再開しました。
 青森市の大野小学校では23日午前7時半すぎ、子どもたちが登校しました。
 この時間に登校したのは1年生と4年生、5年生です。
 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、それぞれ別の入り口から学校に入りました。

★一戸亮太記者リポート
「大野小学校では学年ごとに時間を分けて新型コロナウイルスの対策をしています」

 午前10時前には2年生と3年生が登校しました。
 時間をずらした登校も新型コロナウイルス対策のひとつです。

★「おはようございます」

 教室には3週間ぶりに子どもたちの元気な声が響きました。
 大野小学校では午前中、子どもたちの健康状態を確認したほか、
自宅で行う学習の指導が行われました。

★大野小学校
  藤森照秋 校長
「子どもたちの顔を直接見ることができましたのできょうの子どもたちの笑顔で安心しています。早く終息して子どもたちも健康にそして子どもの周りにいる人も健康に普通に生活できるようになれば
良いと思っています」

 青森市内の小中学校は26日に修了式が行われ、27日から春休みに入ります。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース